開祖は行基菩薩、古くは武田家祈願寺


松本山大蔵経寺(しょうほんざんだいぞうきょうじ)は奈良時代
養老6年(722年)に法相宗の行基菩薩を開祖として創建されたと
伝えられています。
往古は菩提山長谷寺(ぼだいさんちょうこくじ)の本坊で、松本寺と呼ばれており、山内に物部神社を勧請し、大寺院であったようです。
応安年間(南北朝時代)足利三代将軍義満の庶子、観道上人(かんどうしょうにん)が中興開山として入山するにあたり、義満公が甲斐の守護武田信成に命じて七堂伽藍を建立させました。
この時より武田家祈願寺になっています。

武田家の守護尊「将軍地蔵」


山の形が、獅子が蹲踞(そんこ)するのに似ていることから青獅子山(せいししざん)と号し、観道上人が大蔵経を五重の塔に奉納したことに由来して、寺名を松本寺から大蔵経寺に改めました。
後に旧松本寺の寺号を山号に変え、松本山大蔵経寺になっています。
永正13年(1516年)9月28日、武田信虎と駿河勢との
「万力の合戦」にて兵火にあいましたが、その後の復興されました。
永禄11年(1568年)信玄の越後攻めの際、戦勝祈願寺として大蔵寺の寺名もあり、武田家の守護尊である「将軍地蔵」も所蔵します。
詳しくはこちら
また、観道上人が当寺に納めた仏画等四点が県指定文化財です。

江戸時代は徳川家より保護を受ける


江戸時代に入ってから、徳川家康・秀忠らによる当山護持復興に、
約30石の所領が御朱印地として安堵され、寺門は興隆をみました。その時に賜った家康公の念持仏である三面大黒天や、権現堂厨子が
現在残っています。
享保3年(1718年)甲府藩主柳沢吉里公が大般若経を寄付し、大蔵経寺に甲府城(舞鶴城)の祈願を依嘱し、毎年正月甲府城内で大般若経を転読しました。また当寺は甲府城から鬼門にあたるので、甲府城代が毎月17日、武運長久に祈願参拝したと伝えられています。
江戸期は新義真言宗檀林能撰寺格(学問所)を有し、
甲斐国真言宗七檀林の一寺とし寺門興隆の一途を辿りました。
創建以来、数度にわたる火災により堂宇は焼失してしまいました。
現在の伽藍は天保から安政年間に再建されたものです。

御本尊「不動明王座像」(伝 智証大師作)


真言密教の中心の仏である大日如来の化身です。
心の迷いを取り除き、どんなものでも救うために厳しい
忿怒(ふんぬ)の顔をされています。
右手の剣であらゆる迷いを断ち切り、左手の羂索(けんざく)という縄で正しい方向へ導いてくださいます。
背中に背負う炎で煩悩を焼き清め、お座りになっている
盤石(ばんじゃく)や瑟瑟座(しつしつざ)という台は、
お不動様のゆるがない心を象徴しています。

脇侍は、矜羯羅(こんがら)・制多迦(せいたか)童子。

祈願

将軍地蔵


川中島合戦にあたり武田信玄公が戦勝祈願をされた
地蔵菩薩像です。

甲冑を身に着け武器を持ち、戦の守護尊として多くの
武家に信仰されたと言われています。

将軍地蔵
年間行事案内
行事 内容
毎月 第3日曜日
午後2時~
写経のつどい 本堂にて般若心経の写経を行います。写経は、仏さまの教えであるお経の文字を書き写す仏道修行です。
一文字一文字、心を込めて書き写すことで清らかな気持ちになっていきます。
普段抱えているストレスも解消されるかもしれません。
写経の後は、お抹茶のご接待がございます。
詳しくはこちら
毎月 一回 御詠歌勉強会
3 春彼岸 お彼岸はご先祖さまの供養をとおして、六つの修行(六波羅蜜行)を実践する精神修養の期間です。
(一)布施=惜しまず与える (二)持戒=戒律を守る (三)忍辱=耐え忍ぶ
(四)精進=努力する (五)禅定=精神統一する (六)智慧=物事を正しく見つめる
8 13日 大施餓鬼会 本堂にて供物や塔婆を立てて、皆様とともに手を合わせ、ご先祖さまをはじめ全ての御霊を供養し、
その功徳を全てのものへ回し向ける(回向する)法要です。
9 秋彼岸 春彼岸と同じく、ご先祖さまに感謝の祈りを凝らし供養します。
12 31日 除夜会 大晦日23時40分頃より除夜の鐘を突き、一年の垢(煩悩)を落として新たな年を皆様とともにお迎えします。
除夜の鐘の人数制限はありません。
甘酒のご接待もございます。